<< 横浜で師走ジャズ ムンバイで見かけたメヘンディ >>
マッドクラブ@シンガポール・シーフード・リパブリック
インドの話はちょっとお休みして、おいしい系の話をひとつ。

a0003150_13144792.jpg


大学以来の友人とうちの奥さんの3人で、今年のバクテー食べ納めを、品川のシンガポール・シーフード・レパブリックで。

a0003150_1316577.jpg


以前は昼に来てバクテーを食べただけだったが、今回は店の看板メニューであるマッドクラブをはじめ、シンガポール料理でわいわいと、時にしみじみと、2011年を振り返ろうという次第。

a0003150_13154174.jpg


サティや蟹肉ボール、海鮮系サラダや、空芯菜等お馴染みのマレー料理を楽しみつつワインが進むと、やがてお待ちかねのマッドクラブの登場。

a0003150_13162525.jpg


冷凍ではなく生でシンガポールからマッドクラブを絶やすことなく運び込む、という至難の業を日本ではじめてこの店はやってくれている。
しかも、マッドクラブの有名店Jumbo Seafood Restaurantのレシピそのままに、チリ、カリー、ブラックペッパー、ソルトペッパー、スチームと、あらゆるテイストで楽しむことができるのだ。

で、やっぱりチリクラブでしょう、というわけで、指先と口の回りをチリソースでひりひりさせながら、はふはふと大きなクラブにかじりつく。

a0003150_1317547.jpg


さらに残ったソース。蟹の身がほぐれて良い味を出している。薫り高いバスマティライスを頼んで、このソースをご飯に掛ける。これがまた、ほっぺたが落ちるくらいに旨いのだ。
こういうの、屋台料理から発祥したシンガポール・フードならではの、飾らない楽しみ方!

a0003150_1317357.jpg


最後に本年度食べ納めのバクテー。
ランチで食べたものより、スープが煮詰まって濃厚なお味。
鍋の中の熟成度によって、味が変化するのもバクテーならでは。前回のあっさりスープも良かったが、ハーブが効いた今回のバクテーもなかなか秀逸。

シンガポールのローカルデザートで締めて、いやはや大満足のディナーとなった。

a0003150_13175563.jpg
a0003150_1318665.jpg


シンガポール料理は、なかなか洗練されていながら、アジアの自由さがあって、親しい友とわいわいやりながら食べるのにぴったり。

震災やら世界的リセッションやら、気持ちがバラバラになりそうなことが多かった1年。食卓を囲んでのテーブルコミュニケーションの大切さを痛感した締めくくりとなった。
[PR]
by shonanvil | 2011-12-30 13:18 | じゃらん日記NEW
<< 横浜で師走ジャズ ムンバイで見かけたメヘンディ >>