<< バリケード 冷やし中華  >>
●●に最も近いラーメン屋
a0003150_7122165.jpg


手打ち縮れ麺にでっかい叉焼がのった、白土家のラーメン。
麺もスープもなかなか上質なラーメン屋だが、特筆すべきはその場所。

いわき市から国道6号線を1時間近く北上すると、突然道路がバリケードで封鎖され、そこから先は一般車両通行止めになっている地点に到達する。

自衛隊の原発事故対応前線基地となった「Jビレッジ」入口にある、警戒区域検問所。
そのすぐそばにあるラーメン屋なのだ。

福島第一原発まで20キロ。
この先は一般人立ち入り禁止で、いまは無人地帯となっているので、20キロ圏内には飲食店はもちろん、営業中の一般商店はひとつもない。
つまり、ここは原発にもっとも近いラーメン屋ということになる。

おいしさと国道のすぐ前という立地で人気の店だったが、3月11日の原発事故と同時に閉店。6月中旬、3ヶ月ぶりに営業を再開した直後にフォトグラファーのM氏と一緒に訪れたというわけ。

ゲートの外側であるこの辺り一帯も緊急時避難準備区域に指定されており、10キロ手前からほとんどの住民は避難済み。家々の窓はカーテンで閉ざされ、白昼にも道を歩く人影はまったく見えない、SF映画の1シーンを見ているよな光景が広がる。

a0003150_713422.jpg


そんな状況でラーメン屋に客が来るのか? 
と思いきや、昼時を過ぎた店内は作業服を着たひとたちでにぎわっていた。
Jビレッジ周辺は、復旧工事関係者のための仮設宿舎も多く建てられ、ここから交替で放射能汚染地区に入って電気・通信・土木などの工事に従事する。そんなひとたちの食事の場所となっているのだ。

a0003150_7134750.jpg


機動隊の装甲車がガードする検問所は、戦時体制を彷彿させるような巨大な特殊車両が入り、作業を終えた人達を乗せたマイクロバスが次々とはき出される。

ゲートひとつ隔てるだけで線量が大きく変わるわけはないが、まさにここは異常と平常との間に引かれた結界線。
結界を超えて戻ってきた人達にとって、このラーメンの味は格別なんだろうな、と思いつつ、汁をすする。




(ネットで見つけた白土家オヤジさんのコメント)

手打ち中華そば 白土家
0240-27-1600
福島県双葉郡広野町大字上北迫字岩沢29-84
11:00~6:00
平日は2:30~4:00休憩
定休日 月曜日・第1火曜日
[PR]
by shonanvil | 2011-08-14 07:13 | じゃらん日記NEW
<< バリケード 冷やし中華  >>